Print Download PDF Embed

News Release

World Economic Forum Announces Young Global Leaders 2011 (East Asia) - Japanese version

問い合わせ先:Yann Zopf(ヤン・ゾプフ)アソシエート・ディレクター

TEL: +41 (0)79 329 3500 E-MAIL: yann.zopfd7c274c8b99a568b@bcae78d6b9weforum.org 

 

世界経済フォーラム、2011年度のヤング・グローバル・リーダーズ(YGL)を発表

 

  • 65カ国出身の190人の若きリーダーたちがそれぞれの傑出したリーダーシップ、専門分野における業績、社会への貢献に対して表彰されました。
  • 表彰されたヤング・グローバル・リーダーズのうち、50名は東アジア地域出身です。
  • ヤング・グローバル・リーダーズは毎年、世界各地域の民間企業、政府機関、学界、メディア、非営利団体、芸術・文化など様々なセクターから選出されます。
  • ヤング・グローバル・リーダーズはより良い未来の形成を目指し、公共の利益に関わる様々な課題に取り組んでいます。

 

2011年3月9日、スイス、ジュネーブ - 世界経済フォーラム(World Economic Forum、WEF)は2011年度のヤング・グローバル・リーダーズ(YGL)を発表しました。WEFでは毎年世界中から、専門分野における業績や社会へのコミットメント、および世界の未来創造に寄与しうる人材として広く知られた前途有望な若きリーダーを、200名を上限にYGLとして選出し、表彰しています。

WEFは2011年度として、世界の65ヵ国から社会の重要分野(民間企業、市民団体、社会事業者、政界・政府、芸術・文化、言論界・メディア)で活躍している190名のヤング・グローバル・リーダーズを選出しました。今年の新しいリーダーたちは世界の各地域を代表する顔ぶれとなっており、出身は東アジア(50名)、南アジア(18名)、ヨーロッパ(42名)、中東・北アフリカ(13名)、サハラ砂漠以南のアフリカ(14名)、北米(37名)およびラテンアメリカ(16名)となっています。また選出者のうちの44%が女性で、過去最高の比率となりました。

「次世代のリーダーたちが取り組むことになる課題は今まで以上に手強く、解決困難なものばかりで、現在の戦略・機関・標準および姿勢では克服は不可能です。これらの課題に有意義かつ持続可能な形で取り組むには、新鮮な思考、複数のステークホルダーとの連携、ダイナミックで新しい形での協力により、真の意味でグローバルで革新的な解決方法を開拓する必要があります。この必要性を認識した私は、2004年に、若いリーダーたちが世界の情勢に取り組み、よりポジティブで、平和で、豊かな世界を形成するための最先端のプラットホームを設立しました。ヤング・グローバル・リーダーズは世界経済フォーラムのコミュニティにおいて、未来への声であり、次なる世代の希望でもあります。私は今年の選出者が今までで最も多様な顔ぶれとなってことを何よりも誇りに感じています。」と、世界経済フォーラムの創設者であり、会長を務めるクラウス・シュワブは述べています。

2011年度のヤング・グローバル・リーダーズは、5,000名近い候補者の中から、ヨルダン・ハシミテ王国のラニア・アル・アブドラ王妃陛下が委員長を務め、企業、政府およびメディアのそれぞれにおいて国際的に著名なリーダーたちからなる選考委員会によって選出されました。

2011年度のヤング・グローバル・リーダーズの顔ぶれは、世界の様々な地域、および社会の様々な側面におけるリーダーシップのありかたを反映したものとなっています。(以下、敬称略)東アジアから選出された2011年度YGLの中には、Bain & Company SE AsiaパートナーのChew Seow-Chien(チュー・ソウチエン、シンガポール)、Asian Development Bank(アジア開発銀行)シニアカウンセルのKala Mulqueeny(カラ・マルクイーニー、オーストラリア/フィリピン)、Japan Aerospace Exploration Agency(JAXA、宇宙航空研究開発機構)宇宙飛行士のNaoko Yamazaki(山崎直子、日本)、Hudong.com 創立者およびCEOであるPan Haidong(潘海东、中華人民共和国)、Gree.jpのCEOであるYoshikazu Tanaka(田中良和、日本)そして、女優のZhou Xun( 周迅、中華人民共和国)などが含まれています。

DeloitteパートナーのDavid Hill(デイヴィッド・ヒル、オーストラリア)は「ヤング・グローバル・リーダーズに選出されて、とても嬉しく思いました。他の選出者の皆さんにお会いして、皆さんの社会に対する貢献と、その類い稀な経験から刺激を受けられるのを非常に楽しみにしています。我々のこの世界を変えてきている人たちと一堂に会すことができるのはとても名誉なことです」と語っています。最近選出された別のYGL選出者、Human Rights Watch(ヒューマン・ライツ・ウォッチ)東京ディレクターのKanae Doi(土井香苗、日本)は、YGLに選ばれたことについて「長期にわたって人権問題に取り組んできた自分がノミネートされたことは、人権問題を、アジアを含めた世界全体での最優先事項たらしめるという大志のあらわれだと考えています。この機会に他の若手リーダーの皆さんと、普段の対話の枠組みを超えて、我々の世代がどのように現在の世界のリーダーたちを説得し、すべての人々の基本的人権と尊厳を保証できるかを話し合うつもりです」と感想を述べました。

さらに別のYGL選出者、Augen Technologyの共同創立者および取締役のMitchell Pham(ミッチェル・ファム、ニュージーランド)は選出の喜びを「ヤング・グローバル・リーダーズに選ばれたことで、ベトナムでの子供時代に始まり、インドネシアの難民キャンプを経て、ニュージーランドでの新しい家、そしてアジア・太平洋地域で今日かかわっている商業的、社会環境的な仕事に至る自分の人生が、さらに夢のような領域に入った気がしています。今まで意欲を感じており、フォーラムで他の皆さんと知り合い、連携していくのが楽しみです」と説明しました。

2011年のYGL選出者は、現在668名の、傑出した、より広範な顔ぶれの人材で構成されるYGLフォーラムのコミュニティに加わることになります。YGLは年に一度開催されるYGLサミット(今年は2011年9月12日から16日まで、中華人民共和国の大連で開催されます)に集まります。ヤング・グローバル・リーダーズはコミュニティに積極的に関わり、世界経済フォーラムによって開催されるイベントへの参加に加え、自主的なイベントも実施し、革新的なイニシアチブや強い影響力をもつ各タスク・フォースを設立し、リーダーシップをとっていくことになります。www.redesignourworld.comでYGLが最近進めているイニシアチブをご確認いただけます。YGLメンバーはこれらの活動を通じてお互いから、そして共に学びあい、識見を深め、グローバルな課題、動向、リスクおよび可能性のより適切な理解を育み、そしてそれぞれの所属元、世界経済フォーラム、および世界全体のコミュニティにおけるリーダーとしての独自の役割をさらに高めていくことができます。

「YGLコミュニティはインスピレーションの源泉です。YGLの仲間たちが自己研鑽のみならず、自分たちのまわりの人々の生きかた、そして世界全体というコミュニティを高めるために尽力しているのを目にし、驚嘆と敬意をもって眺めていることがしばしばあります」と、CNN Internationalのアジア・太平洋マネージングエディターであるEllanna Lee(エランナ・リー、2008年度YGL、香港)は語っています。

「我々は新たな代のヤング・グローバル・リーダーズをコミュニティに迎え入れ、彼らがこのチャンスを最大限に活かしてくれるよう、奨励します。YGLコミュニティはそれぞれのメンバーに対し、(あるYGLメンバーの言葉を借りますと、)"成功から有意義へ"の移行を助け、また、成功を収めているメンバーの集まりから、集団的な影響力を有するコミュニティへと発展するよう努力する組織です。YGLメンバーはお互いに対し、職業上および一個人としてもより高い水準での世界レベルのリーダーシップを求めますので、本質的はリーダー1人1人という単位で世界をより良くしていく、ということなのです」と、YGLフォーラム議長、デヴィッド・アイクマンがコメントしています。 

 

備考

ヤング・グローバル・リーダーズ・フォーラムに関する詳しい情報は http://www.younggloballeaders.org/ でご確認いただけます

2011年度YGLの選出者一覧

YGLの団体一覧

YGLタスク・フォース一覧(http://www.redesignourworld.com  もご参照ください)

YGLのYouTubeチャンネル: http://www.youtube.com/yglvoices

YGLのツイッターアカウント: http://twitter.com/YGLvoices

ヤング・グローバル・リーダーズ候補者の推薦は 公式ウェブサイト で受け付けています

 

--------------------------------------------------------------------------------
ヤング・グローバル・リーダーズ・フォーラムについて 

ヤング・グローバル・リーダーズ・フォーラムは2004年にクラウス・シュワブ(Klaus Schwab)教授により設立された、自らの業務に励む傍らで世界的な課題に共同で対処し、知識と努力の一部をよりよい未来を共に築くために費やす全世界の卓越した若きリーダーたちからなる、複数のステークホルダーが関与する独自のコミュニティです。ヤング・グローバル・リーダーズは協同でのさまざまなイニシアティブや取り組みを通じ、また次世代のリーダーの育成を促進することで、我々が現在直面している難解な問題に対する革新的な解決策の創出に努めています。

 

--------------------------------------------------------------------------------

世界経済フォーラム(World Economic Forum)は、企業、政界、学界その他各界の指導者との連携により世界、地域、産業レベルでの行動方針を形成し、世界の現状改善を目指す国際的な独立機関です。1971 年に非営利財団として設立され、スイスのジュネーブに本部を置く世界経済フォーラムは、政治、党派、国家などの利益に偏らない、公正な非営利団体です。 (www.weforum.org)

 


The World Economic Forum is an international institution committed to improving the state of the world through public-private cooperation in the spirit of global citizenship. It engages with business, political, academic and other leaders of society to shape global, regional and industry agendas.

Incorporated as a not-for-profit foundation in 1971 and headquartered in Geneva, Switzerland, the Forum is independent, impartial and not tied to any interests. It cooperates closely with all leading international organizations (www.weforum.org).