Makiko Eda

Chief Representative Officer, World Economic Forum Japan, Member of the Executive Committee,

After graduating from Waseda University, and completing graduate studies in the US, worked as a market research analyst in the US. Returned to Japan, and worked for a market research company, before joining Intel in 2000. Following several roles in upper management, was appointed as General Manager of Marketing Headquarters, responsible for brand strategy, sales promotion planning, market research, and Internet marketing. In 2010, became responsible for Intel’s marketing activities in the Asia-Pacific region, as Director of Marketing and Consumer Sales, based in Hong Kong.
In October 2013, she was appointed as President and Representative Director of Intel Japan K.K., where she worked until March 2018. Makiko was appointed as Chief Representative Officer of World Economic Forum Japan in April 2018.

Works to open up new markets and create demand, by utilizing knowledge and experience gained through implementing and leading a diverse range of marketing activities for over two decades. Also utilizes her far-reaching experience of working in the US, Japan, and Asia to cultivate employees with the skills to succeed in global business. Also, serving on committee for the promotion of regulatory reform by Japan government from September 2016.

Most Popular

Japan

ラグビーワールドカップが与えるリーダーシップについての教訓

ラグビーワールドカップ2019が日本で開催されています。日本は、アイルランド、サモアに勝利し、ベスト8入り目前となりました。日本チームの熱き誇りは国民に感動を呼び起こし、またホスト国としても盛り上がりをみせています。多くの人々と同様、私も自国チームに声援を送り、ワールドカップの日本開催という興奮に包まれています。大会は9月20日に開幕、11月2日まで開催されます。

10 Oct 2019
Japan

労働力の高齢化課題をリードする日本

第4次産業革命のテクノロジーが既存の経済・社会システムを圧迫する中、日本は諸外国と同様、グローバリゼーション4.0の持つ大きな影響力に直面しています。2018年版の「仕事の未来レポート」によると、2022年までに主要20ヵ国で7,500万人分の雇用枠が失われると予測されており、新たな労働力の需要を満たすべく、官民による解決策が求められることになります。

13 May 2019
Gender Parity

多様な人材、育つチャンス

世界経済フォーラムでは毎年、世界のジェンダーギャップの状況をまとめています。昨年末に出した報告書では、AIを開発したり使ったりする技術を持った専門職のうち女性が占める割合は22%に過ぎず、格差拡大や、多様性の欠如による技術革新の停滞につながりかねないという内容を盛り込みました。その22%の中でも、管理職は男性が多く補佐的な業務は女性が多いという偏りが見られました。

11 Mar 2019
Japan

今後の世界経済を先導する日本

日本は劇的な経済成長に向けて進んでいます。2015年に安倍晋三首相は、東京五輪が開催される2020年までにGDP600兆円(5.4兆ドル)の達成を目標に掲げました。3%の実質経済成長率が求められる現代においては批判的な見方はあるものの、景気の回復により600兆円は射程圏内に入っています。アベノミクスの「新・第1の矢」は、少なくとも達成可能な目標です。また日本は1994年以...

21 Aug 2018